Special
ウェルネスワーク=働きながら健康になる職場づくり
21109484_ウェルネスワーク株式会社_認定証-画像
ウェルネスワーク_スポーツエールカンパニー2021認定証

健康経営優良法人とは?

POINT
01

健康経営優良法人とは?

2017年に経済産業省と日本健康会議によって開始された「健康経営優良法人認定制度」。

 

従業員の健康増進をふまえて経営に取り組む姿勢を持つ法人を世間に広める目的で始まりました。

 

この記事では「健康経営優良法人(中小規模法人部門)」の認定を目指すご担当者様に向けて、認定制度取得までの流れと、認定基準について解説していきます。

0002 - コピー (2)
POINT
02

健康経営とは?

健康経営とは、アメリカの心理学者ロバート・H・ローゼンが自身の著書によって提唱した概念です。

 

従業員の健康管理を企業が取り組むべき経営上の問題と捉え、積極的に健康増進への取り組みを行っていく経営手法のことをいいます。

 

企業が個々の従業員の健康に配慮することで、職場環境が改善されれば、従業員の健康は多少なりとも増進されるはずです。

 

企業の健康に対する取り組みが、従業員の健康増進につながれば、従業員それぞれのパフォーマンスを向上することができるでしょう。

 

このような企業の取り組みに関して、一定の基準を満たしている企業を国が認定するための制度が、健康経営優良法人認定制度なのです。

 

※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

0002 - コピー
POINT
03

健康経営優良法人はどんな制度?

健康経営優良法人認定制度は、経済産業省が健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することを目標にしています。

 

地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰し、認定を行う制度です。

 

大規模の法人を対象とした「大規模法人部門」と中小規模の法人を対象とした「中小規模法人部門」の2部門に分かれています。

0003 - コピー

『ウェルネスワーク』=「働きながら健康になる職場づくり」

POINT
01

【目的】

WellnessWork(ウェルネスワーク)とは、「Wellness(ウェルネス)」と「Work(働く)」を組み合わせた造語です。

「働きながら健康になる職場」を理想の職場と考え、スタッフ一人一人が健康維持・増進のために自ら考え、取り組む姿勢を持ち、『心も体も元気に働く』ことをモットーに健康づくりに取り組んでいます。

POINT
02

【始めたきっかけ】

デスクワークが業務の中心であり、1日中座りっぱなしで、パソコン画面とにらめっこという状態になりがちでした。

目・肩・腰などの疲れ、慢性的な痛みを抱えるスタッフもいました。

また、日常全く運動をする習慣がない者や、朝食や昼食を簡単なインスタントで済ませている者もおり、会社として、もっと健康に働ける職場環境を作り、私生活においても好影響を与えることができる取り組みが求められていました。

POINT
03

【体調の変化に関心を持つために】

自分の体調の変化に関心を持つよう、出社、退社時に「血圧・体重・体温測定」を実施し、記録簿をつけています。

POINT
04

【まずは体をほぐすこと】

毎朝朝礼時に「ラジオ体操」を行います。

 

POINT
05

【運動習慣を当たり前に】

ラジオ体操の後、30分間のウォーキングやストレッチ。

POINT
06

【ふとした瞬間に動けるために】

ぶら下がり健康器や、バランスボール、腹筋マシンを事務所内導線上に配置し、ふとした瞬間に運動ができる。

POINT
07

【お互いに声掛けを】

座りっぱなしや、パソコン画面を長期間見続けることを防ぐため、お互いが声を掛け合って、1時間に1回、立ち上がり、ストレッチ、水分補給をするという習慣づけを行っています。

POINT
08

【ストレスの少ない事務環境で】

デスクワークの作業効率化、目の疲れ防止のため、全員のデスクには曲面型ワイドモニターを設置。

POINT
09

食事は毎日のことだから】

食生活改善のため、置き型社食「オフィスおかん」を導入し、食の福利厚生として食事提供を行っています。

Special

健康のためにできることを一緒に考えます

働く人々が健康でいられるためにできることを事業主様と一緒に考えながら、ご要望に寄り添って幅広くサポートいたします。次世代に選ばれる企業へと成長するために重要な経営戦略のキーワードは「健康」です。経営的な面から社員が健康に働ける社内体制を構築するためのアドバイスをしております。

AdobeStock_213655750

健康に働ける環境が生産性向上にも繋がります

社員が健康に働ける環境をつくることにより、企業のイメージアップや従業員の定着だけでなく、生産性の向上にも繋がり、長期的に持続可能な会社として成長できる戦略を組み立てられます。企業の現状をチェックシートを使用してしっかりと調査し、改善していくためにはなにが必要かを的確にアドバイスしているため安心してご依頼いただけます。人事と労務の専門家である社労士が相談者様のお悩みを丁寧にヒアリングしながら、より良い労働環境の実現を目指して責任を持ってお手伝いします。福利厚生をはじめ、食生活や生活習慣に関するお悩みに対応します。

プランについてのご案内

幅広い地域で対応しますのでご相談ください

東北6県を中心に幅広い地域で健康経営に関するご相談を承っておりますので、不安な事などがございましたらぜひお問い合わせください。健康経営では、社員の健康管理を経営的な面から考え、実践していくことにより、次世代に選ばれる企業への成長を目指します。企業のイメージアップや社員の定着にも繋がり、長期的に持続する企業として必要な戦略を組み立てていきます。経験豊富な社労士が細かいご要望にも柔軟に対応したサポートを行っているため、何から始めたらいいのかわからない方でも安心してご相談いただけます。

経験の中で培ってきたノウハウを活用し、社員が心身ともに健康的に働ける環境づくりをお手伝いいたしますので、福利厚生や健康管理に関するお悩みなどがございましたら気軽にご相談ください。これから先の企業のあり方について事業主様と一緒に考え、地元で愛される企業として成長していけるように、心を込めてサポートしております。企業の現状に合わせてどういった取り組みが必要か、どの程度ウェルネスワークを実践できているかなどもしっかりとご説明し、的確にアドバイスをしているため安心です。青森を中心に幅広い地域で対応いたします。